春のおすすめカクテル

つい先週まで寒の戻りがあったりして、なかなか本格的な春を感じられなかったですが、やっと春らしい気候になりました(^^)

手話酒話では季節ごとに「おすすめのカクテル」を掲示してますが、今回の春のおすすめのカクテルはマスター個人の好みでセレクトしています(笑


お馴染みのお客様にはご存知の方も多いと思います。
『チャーリー・チャップリン』です。

杏とスロー・ベリーの甘酸っぱさと、このルビー色が春らしさを感じ、マスターが春になるといつも飲みたくなるカクテルです。

度数も高くなく、シェーカーで作るカクテルですので、お酒に強い方でなくてもバーらしさを感じられるカクテルですので、まだ飲んだ経験がない方はぜひ(^^)


マスター個人が春になると飲みたくなるお酒がもうひとつ。『カンパリ』です。
ビター・オレンジとハーブやスパイスを調合して作られている、イタリアでは古い歴史のあるリキュールです。

ほろ苦さとほの甘さが大人の味という感じで、これも春にはぴったりなのではないでしょうか。

カンパリを使ったカクテルは色々ありますが、今回のおすすめはグレープフルーツジュースと合わせてみました。

この2つのカクテルで、ぜひ大人の春を楽しんでください(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.